本文へジャンプ。
メインメニューへジャンプ。




庵スタイル
着物ギャラリー

東京都市町村職員共済組合 指定店
お問い合わせ・ご予約はこちら
お電話:03-3543-1733(受付時間は11時から18時です)

Gallery 1着物『大乗紬』天然黄金繭/帯『麻八寸名古屋帯』

着物『大乗紬』(だいじょうつむぎ)天然黄金繭 経糸は絹糸、緯糸は野蚕糸と真綿糸を半分づつ使用した糸で、光沢があり腰のある野蚕糸特有の性質を生かした織物を先染で製作しました。繭はインドでも何世紀にもわたり継承されてきた天然繭を西陣伝統工芸技術によって蘇った究極の織物。

帯『麻八寸名古屋帯』 麻をざっくりと織り上げた帯地に、蝋けつ染で変り七宝柄を染めた庵オリジナルの八寸名古屋帯です。

着物 294,000円(お仕立上り)/帯 248,000円(お仕立上り)/帯締 13,650円/帯揚 14,700円/バッグ 37,500円/草履 48,000円 ※全て税込価格

ご紹介の商品についてはお問合せ下さい。

Gallery 2着物『ぜんまい紬』/帯『袋帯』菊つなぎ(菊輪)

着物『ぜんまい紬』 山奥深くひっそりと自然の恵みに育まれた、ぜんまいの綿といわれている繊維の部分を丁寧にとりわけ真綿糸に撚り込んだ糸を緯糸に使用して素朴な味わいを織り出した紬。

帯『袋帯』菊つなぎ(菊輪) 百花の王菊花が香る、かって中国の菊慈童は菊の露を飲んで不老不死となったという。

着物 241,500円(お仕立上り)/帯 245,000円(お仕立上り)/帯締 13,650円/帯揚 14,700円/竹バッグ 15,750円 ※全て税込価格

ご紹介の商品についてはお問合せ下さい。

Gallery 3着物『柿渋紬』自然原糸織/帯『紋八寸名古屋』博多織

着物『柿渋紬』自然原糸織 乾繭する以前の繭、即ち生繭を原料としあえて原始的な手法である手座繰の一本引きによる糸を精練せず、蚕の作った自然のままに用い、これに柿渋染を施し熟練した技法で織布された本格派の紬。

帯『紋八寸名古屋』博多織 厳選された特殊な絹糸を使い、博多独特の経糸で組織を複雑に組み合わせることにより、他に無類の変化にとんだ織物となり絹の光沢と風合は強度の復元力があり、シワになりにくく締心地はきっと満足いただけます。

着物 277,500円(お仕立上り)/博多織 158,000円(お仕立上り)/帯締 13,650円/帯揚 14,700円/バッグ 26,250円 ※全て税込価格

ご紹介の商品についてはお問合せ下さい。